原付のナンバープレート取得手続き



バイク屋で原付バイクや小型バイクを購入している人のほとんどがナンバープレートの取得をバイク購入と一緒に依頼しているかと思います。

それって、ナンバープレートの取得代行手数料として5,000円~7,000円くらいしてません?

お店によっては、無料でいいですよ!と言ってくれる親切なところもあります。
ですが、中古バイクのお店の場合、ほとんどがナンバープレートの代行手数料が必要になっていると思います。

じつは、原付とか小型バイクのナンバープレートの取得は市役所や地域管轄の税務課で無料で発行してもらえるものなんです。

費用は掛かりません。
しかも、ものの数分で発行してもらえます。笑

だから、手数料に数千円も出して取りに行ってもらうようなものでも無いと思うのです。5,000円もあれば、ちょっとした贅沢が出来てしまいますからね。

小型バイクや原付の購入を検討している方は、
「〇〇市(地名) 原付ナンバープレート」と一度検索してみてください。一番トップに役所のサイトが出てくると思います。そこに掲載されているところでナンバープレートがもらえます。

原付登録する際に役所で必要な書類


・新車の原付バイクを購入した時には、販売証明書
・中古バイクを購入もしくは譲り受けた場合、譲渡証明書(車台番号の石刷り)と廃車証明書
 ヤフオクで落札したバイクもこちらに当てはまります。

※上記必要書類と所有者及び使用者の身分証明書とハンコが別途必要になります。

【そのほかの状況別必要書類】

原動機付自転車および小型特殊自動車の手続きに必要なもの
申告区分 申告事由等 添付書類等必要なもの
新規登録販売業者から購入

販売証明書

(申告書右下欄または別紙で添付)

新規登録個人からの譲渡(廃車済)

譲渡証明書

(申告書右下欄または別紙で添付)

廃車証明書

新規登録

他市区町村からの転入

 (所有者は同一人物)

旧市区町村の廃車証明書

       または

旧市区町村の標識と標識交付証明書

廃車

標識(ナンバープレート)有

標識

標識交付証明書

廃車

標識(ナンバープレート)無

弁償金200円

印鑑

標識交付証明書

名義変更

同市内での名義変更

譲渡証明書

(申告書右下欄または別紙で添付)

標識交付証明書

標識番号変更

標識を破損したとき

(新ナンバーへの変更)

標識(破損したもの・旧ナンバー)

標識交付証明書

標識番号変更

標識を紛失したとき

弁償金200円

印鑑

標識交付証明書



法人名義で原付を登録する場合


上記表記載の書類と共に
会社の社判
(住所や社名を書く手間を省くため)
会社の実印

これらを持参すれば会社名義で登録することができます。




スポンサードリンク

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。